税理士という仕事の紹介やこれからのニーズ

専門的なサービスやサポートを受けることが可能

国家資格を取る

税理士という仕事をするには国家資格が必要です。

税理士になるには国家資格を取得する必要があります。そして、その試験は難関試験のひとつに上げられています。このように簡単になれる仕事ではありませんので税理士という職業はある程度の収入が見込めます。 一般的には年間契約が基本です。いわゆる顧問料といわれるものですが、月額3万円くらいが平均です。ですから、年間ですと36万円になりますし、そのほかに年末調整や確定申告の際は別途費用が発生します。合計しますと、40〜50万円くらいとなります。こうした企業や事業主をある程度持っていますと、それなりの収入になります。 しかし、時代の変遷とともに少しずつ顧問料の価格は低くなっていく傾向があります。その理由はITの発達により財務関連のソフトが普及しているからです。

現在の税理士は戦後にできた税理士制度によって誕生しましたものです。

税理士という名前は多くの人に知られていますが、そのはじまりはとても古く明治30年にまで遡ります。それまで日本においては税制の基本は土地に対するものでした。しかし、時代が変遷するに伴い所得税や相続税など新しい税制が導入され、そうしたことに対処するために誕生しました。 いろいろな税制が新たに導入されたことにより税務処理が複雑になってきたことが背景にあります。最初は「国税業同盟会」という名称でそれから「税務代弁人」となり、昭和17年に「税務代理士制度」となりました。現在の税理士制度はこの制度が土台になり、戦後のシャウプ勧告によって昭和25年に制定されています。同時に税理士会が誕生していますが、現在は税理士を営む人は税理士会に入会することが義務づけられています。