税理士という仕事の紹介やこれからのニーズ

専門的なサービスやサポートを受けることが可能

税理士の仕事

商売人、企業のアシスタントから庶民への流れ

今までは税理士は、商売人や企業が複雑な税理業務を委託されることが多かったが、相続税法の改革等税の仕組みや社会の構造の変化が著しい時代では、専門家の智慧と力を拝借していく方がより有利な時代になりつつある。税理士と言えば、税務関係の公務員が独立して開業している事が多かったが、最近では、独学で勉強し資格を取った庶民的な税理士も増えてきている。庶民の相談相手としては、私の経験上的確ではないかと思う。 彼らと懇意になっておけば、専門的なことはもとより、資産管理や日常の経済活動においても賢明なアドバイスを受ける事が出来る。お互いの信頼関係が深まれば、其の部う安心して自分の得意な分野に力を集中する事が出来ると言うものである。税理士の仕事は、庶民の良きパートナーとしての活動の場が開けつつある。

専門職のパートナーづくり

社会構造やシステムが複雑になればなるほど、それらの対応を自分の大切な時間と労力を使って学びながら処理能力を身に付けていく事は大変な事である。得意分野ならともかく、ある程度苦手な分野は、ストレスの要因になるばかりである。その様な意味からすれば、不得意な分野に精通する良きパートナーを持つと言う事は、大変有意義であると思う。次々と生活に拘わる色々な税制が改革されたり、新たに出来たりする今日では、対応力の幅を広げる意味で税理士は貴重な存在となり得る。 税理士はもちろん、他の専門家も独自の人脈を持っており、パートナーとしてのお互いの絆が深まれば、思わぬ異業種の方との接点が出来る事もある。 この様な交流の場が拡大していく事で、変化に強いパートナーシップの繋がりが築き上げられて行き、大変心強いものとなるであろう。